腰痛・背中

腰痛・背中の治療内容例をご紹介します。

腰痛・背中

来院される患者さんの中でも特に多い症状が「腰痛」です。
職業性疾病のうち約6割を占めると言われているくらい、多くの方が痛みを感じているのが腰です。
おなじ症状でも、人によって様々な原因があり、原因によって治療法もそれぞれ異なります。
腰痛はつらい反面、すぐに悪化することが少ないので、忙しい日々のなかで放っておかれがちですが、
大事な時にかぎって(疲労やストレスが溜まって)腰痛がひどくなるという患者さんがとても多いです。 時間があるうちに、ケアをしておくことをおすすめします。
腰痛・背中

腰痛の患者さんで特に多い症状と原因、そして治療法

1

ぎっくり腰

ぎっくり腰
主な原因
  • 筋肉の緊張
  • 一時の過度の負担や急な動作
  • 筋力のバランス
重い物を取る時にぎっくり腰になるのはよく聞くと思います。が実は軽い物でもぎっくり腰を起こします。(珍しくない原因です。)
その理由は、軽い物でも、手を伸ばして取る時は自分の体を支え無いといけません。
すると自分の体重を支えるのにかなりの負担がかかっています。
体重50kgの人の場合、上半身の体重は35kgです。手を伸ばしてものを取る場合、その35kgが一点に集中します。この負荷に筋肉が損傷したり、関節に炎症が起きたりするのです。
2

坐骨神経痛

坐骨神経痛
主な原因
  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 梨状筋症候群
坐骨神経は人体のなかでもっとも太く、長い神経です。実は腰のあたりから爪先まで伸びています。この坐骨神経が圧迫されるなどの刺激を受けると、腰や腎部(尻)、 太もも、ふくらはぎや足の先などに、鋭く、電気が走ったような痛みや、 ピリビリとしたしびれ、強く張っている感じ、などの症状が生じます。これが坐骨神経痛です。
3

日常的な腰の痛み

日常的な腰の痛み
主な原因
  • 姿勢の悪さ
  • 一定の姿勢の継続
  • 筋肉の衰え
  • 骨盤の傾き
  • 仙骨のゆがみ
最近は子供の腰痛か深刻化しております。その原因として成長や過激な運動、不規則な日常生活などが関係して腰痛を引き起こしてしまうことがあります。
そこで腰痛を防ぐために、準備体操を行ったり、日頃から姿勢を正して生活することを心がけ、腰痛を起こさないようにしましょう。

腰痛の患者さんに多く施術する治療法

1

骨盤矯正

骨盤矯正
施術内容・効果
  • 骨盤の傾きによる左右の脚の長さを調整
  • 仙骨の歪みに対する仙腸関節へのアプローチ
最近は子供の腰痛か深刻化しております。その原因として成長や過激な運動、不規則な日常生活などが関係して腰痛を引き起こしてしまうことがあります。
そこで腰痛を防ぐために、準備体操を行ったり、日頃から姿勢を正して生活することを心がけ、腰痛を起こさないようにしましょう。
2

テーピング

テーピング
施術内容・効果
  • 特殊なテーピング
  • 症状による様々なテーピングの使い分け
腰痛の原因は二本足で立つようになった人間の宿命とも言われています。原因としては、背骨に加えられるさまざまなストレスが考えられます。もっとも多い原因としては、筋力の低下や、普段の姿勢の悪さや、加齢のためと言われています。
思い腰痛に悩まれている方は、テーピングで筋肉の代わりを行い、負担を軽減させます。
3

距骨調整

電気療法
施術内容・効果
  • 足首にある距骨(きょこつ)にアプローチして
    土台のバランスを整え正しい重心に戻す
最近は子供の腰痛か深刻化しております。その原因として成長や過激な運動、不規則な日常生活などが関係して腰痛を引き起こしてしまうことがあります。
そこで腰痛を防ぐために、準備体操を行ったり、日頃から姿勢を正して生活することを心がけ、腰痛を起こさないようにしましょう。

お悩みの箇所はどちらですか?

交通事故・労災

安心
詳しく見る

院について

信頼
詳しく見る

お客様の声

つながり
詳しく見る

中村橋駅から徒歩5分

お電話お問い合わせ
03-3825-5555
オンラインのお問い合わせ
予約 お問い合わせ