膝痛

膝・脚・股関節の治療内容例をご紹介します。

膝・脚・股関節

膝の痛みがありながらも、我慢して生活している方は意外と多いようです。
しかし、特に膝痛の場合は、放っておくと外科手術が必要になってくるケースに発展してしまいます。
原因をはっきりさせて治療をしながら、座り方や歩き方を改善するだけで、
症状が和らげつつ、根本的な治療をしていくことができます。
気になりだしたら早めにご相談いただくのが最善です。
膝・脚・股関節

膝痛の患者さんで特に多い症状と原因、そして治療法

1

膝関節の痛み

膝関節の痛み
主な原因
  • 捻挫による内・外側側副靭帯の損傷
  • オスグット
  • 半月板の損傷
  • 関節水腫(水が溜まる)
膝の痛みの多く軟骨がすり減ることなどが原因とされておりますが、実は根本的には体重も大きく関係しております。筋肉の量は増えていないのに体重が増えることで膝への負担は大きくなります。すると間接に痛みがでるのです。
2

足関節の捻挫

足関節の捻挫
主な原因
  • 運動による足首の捻挫
  • バランスの悪さ
  • 以前のケガのリハビリ不足による軟部組織の拘縮
みなさん足首の捻挫などは一度は経験あるあかと思います。若いうちは捻挫をしても湿布をしているといつの間にか治るっていたかもしれませんが、年齢を重ねると筋肉の量や体のバランスが原因となり治りにくくなります。
3

筋肉の痛み

筋肉の痛み
主な原因
  • 過度な運動や慣れない動き
  • 過度な筋緊張
  • 準備運動不足
  • 筋バランス
準備運動が不足していたり、疲労などが原因で筋肉がしっかり動かないようなときに無理に激しい動きを要求すると、肉離れを起こすことがあります。また、やろうとした動きに対して筋力が不足しているようなときも、負荷がかかり過ぎて肉離れを起こします。

膝痛の患者さんに多く施術する治療法

1

距骨調整

距骨調整
施術内容・効果
  • インソールの提案
  • 再発を防ぐための指導
  • 自宅でのケアの指導
全身を支える土台である「距骨」。「距骨の歪み」こそが、様々な痛みの症状を引き起こしています。土台である「距骨」の歪みを手技やインソールで整えることで、全身のバランスを再調整し様々なカラダの痛みや不調の無い健康なカラダを取り戻します。
2

手技(整体)

手技
施術内容・効果
  • 段階的な筋緊張の緩和
  • リハビリ開始時期の見極め
  • 再発防止の為の指導
ストレッチや体操の方法などを指導させていただきます。手技や電気によるマッサージも効果的ですが、生活の中に意識して筋肉を使うことやお風呂上がりにストレッチをすることで柔軟性を固め、痛みの改善や予防となります。
3

テーピング

テーピング
施術内容・効果
  • 多種多様なテーピング
  • テーピングの特殊な貼り方
  • 患者さんの生活環境を考えたテーピング
テーピングは固定するために使われる印象が強いかもしれませんが、第二の筋肉(腱)として補助する役目もあります。
膝痛の原因にあわせてテーピングを行います。

お悩みの箇所はどちらですか?

交通事故・労災

安心
詳しく見る

院について

信頼
詳しく見る

お客様の声

つながり
詳しく見る

中村橋駅から徒歩5分

お電話お問い合わせ
03-3825-5555
オンラインのお問い合わせ
予約 お問い合わせ